青物

2017年1月 7日 (土)

釣り納め&釣初め

新年おめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

さて、昨年もあまり釣りへ行けんかったが、釣り納めはしておこうと近所のサーフへ行ったじゃんね~。

暗くなり諦めたころにナブラ発生。
なんとかワラサをキャッチ。良い釣り納めとなったぞん。

20161231_171055


明けて元旦。
再び近所のサーフへ。
コノシロも見えずナブラもない中、ひたすら投げているとルアーの後ろに影が見え、次の瞬間ヒット。
ワラサ83センチ、7キロ弱でした。

20170101_163425

20170101_171042

絶好のスタートが切れたぞん。

今年はもう少し釣りへ行く時間を作らまいか。

2016年12月17日 (土)

12/11近所のサーフ

こんばんは。

今週日曜日はようやく時間ができたもんで、久しぶりに釣りへ行ったじゃんね~。
好調だ、と聞いていた徒歩3分の近所のサーフへ出撃。

ベイトもたくさんいて、久しぶりに魚も釣れたし楽しかったぞん。
唯一残念だったのは、ブリクラスと思われる魚とファイト中、

リーダーがテトラに擦れてブレイクしてしまった事。もっと、時間をかけて慎重に、かつ強引に寄せればよかった・・・

Img_20161211_135508

Img_20161211_170217


2015年5月28日 (木)

最近

こんばんは。

ここ最近、周りでブリだ、ワラサだと羨ましい話をよく聞くじゃんね~。

そんな中、自分はというと、こんなのや

20150506_092457

あんなの

20150516_170702

といった小物にしか相手にされんかったじゃんね~。


昨日は、仕事前の朝練でボウズをくらい意気消沈。


今朝は出撃しようか迷ったが、一応早起きしたので出撃。
青物タックルはメンテ中だったもんで、「どうせ釣れんら~」ってことでシーバスタックルを持ち出す。


現場につくと、すでに数人の釣り友がおった。
そこに交じってキャスト開始。


しばらくして、ペンペンをキャッチ。


その後は、あちこちでペンペンが跳び始める。それと同時にトビウオが逃げ惑う。中には明らかにメーターオーバーのシイラも混じっとるぞん。

で、もう一つペンペン追加。


その後、ややサイズアップ。

20150528_055004

シーバスタックルでのやり取りだもんで、取り込みに時間が掛かったが、青物タックルで強引なやり取りして手返し良く釣れば、10本くらい釣れたんじゃないの?って位、ペンペンだらけだったぞん。

まだまだ釣れそうだったが、今日は釣れない予定だったのが、魚の顔も見れたもんで、満足して
6時に撤収した。

2014年11月14日 (金)

木曜、金曜の三保

こんばんは。


いよいよ来週から本格的に忙しくなるもんで、今のうちに釣りしとこまいか、ということで、昨日、今日と三保へ行ったじゃんね~。


昨日は爆風の中、同業者で釣り初心者のKさんと出撃。釣果には期待せず、Kさんの練習になればと考えながらの釣行。


幸い風はフォローだったもんで、釣りには影響なし。5時半からキャスト開始。
やや波立っており良い感じだぞん。

6時前、着底後のワンアクションでヒット。

追い合わせをいれるも、フッと軽くなり「しまった、バレたか」と思ったが、頭をこちらに向けて泳いでいたようで、無事キャッチすると40ちょいのイナダ。

Kimg0413


その後、Kさんのキャスト指導をしていると、目の前にナブラが。
急いでロッドを取りに走ってキャストするも、時すでに遅し。

タイムアップで帰宅。



今朝は今シーズン最後の三保朝練のつもりで出撃。
海の感じは良かったが、ノーバイトで終了。


さて、来週からは仕事に精を出すかのん。




ブルラン・村田さんの哀愁漂う後ろ姿

Kimg0419





2014年10月31日 (金)

木、金の三保

こんばんは。


来月に入ると釣りどころではなくなるもんで、行けるときに行っとこまいか、ってことで昨日、今日も出勤前釣行したじゃんねぇ~。


昨日は、6時近くになっても反応なく、タイムリミットも近づいたもんで、「帰らまいか」と思っていたら、パタパタっと2本キャッチ。

Kimg0398


今朝は雨の中、出撃。
かなり本降りだったが、釣りを始めると小降りに。


今日も6時近くになって反応が。
しゃくったジグにバイトあり。しかしフッキングせんもんで、そのままアクションつけて食わせるとヒット。

ここで、追い合わせ入れようとすると、リールが思いっきり逆転してラインが出ていく。


「うぉー、こんな時に
インフィニット・ストッパーが逝ったのかぁ」

手でローターを押さえ回転を止め、
リールを巻くと、まだ魚はついとる。
引きからして、ワラサまでいかないが、まずまずのサイズっぽい。

ロッドのパワーに物を言わせて一気に寄せる。
波打ち際まで寄せ、さてずり上げようとしたところでフックアウト。

やはり、リール故障のせいでしっかりアワセられんかったのが原因だら~か。


これが唯一のチャンスで、その後は反応なし。
普段からタックルのメンテナンスはせんといかんのん。

Kimg0400

2014年10月29日 (水)

10月の近況

おはようございます。

えらいことご無沙汰じゃんね~。

半月板損傷で膝が要手術状態だもんで、ここ1ヶ月半の間、痛くて歩くのもままならん状態だった。
ここへきて痛みが収まってきたもんで、ぽつぽつ釣り再開したぞん。

先週はヒラメとカマスの様子見へ行くがボ。
日、月と三保でイナダに遊んでもらったじゃんね。
そして今朝も三保へ出撃。
5時15分からキャスト開始。5時半から反応が出始める。
ジグをショートピッチでジャークさせ、時折ストップを入れていると、まずは40ちょいを一本。

その後、ただ巻きで同サイズがヒット。しかし、ずり上げ時にフックアウト。

しばらくして、着底後のシャクリ上げでヒット。少しサイズアップして45ちょい。


6時近くなり「ぼちぼち終わらまいか」と思っていると、ショートピッチのジャークで
「ドン」っとヒット。

重量感からして明らかにこれまでのイナダよりデカい。
念入りに追い合わせを2発ほどくれてやる。

久しぶりにいいサイズを掛けたもんで、慎重にやり取り。
口切れさえさせなければ、キャッチできるはずだもんで時間をかけてゆっくり寄せる。
3分ほどかけて無事キャッチ。68センチのワラサだった。

まだまだ釣れそうな雰囲気だったが、後ろ髪をひかれる思いで帰宅した。

Kimg0390

Kimg0391

追伸
帰宅して焦っていたもんで、手洗いもそこそこにバイクで出勤。バイク用グローブがえらいこと魚臭くなってしまったぞん(汗)

2014年7月18日 (金)

金曜日、近所のサーフ

こんにちは。

今朝は目が覚めると4時半。
三保へ行くには遅いもんで、ロッドを持って近所のサーフへ散歩へ行ったじゃんね~。

潮目も見当らずイマイチな状況。
とりあえず、メタルジグをキャストして広範囲に探る。

しばらくすると何か掛かる。
「ゴミか?」と思ったが、動いている感触はある。

Kimg0199

正体は小サバ。


その後、しばらくキャストするも反応もなく5時半撤収。


2014年6月29日 (日)

6月28日、午後の三保

こんにちは。

ぼちぼち青物の釣果報告も届き始めたもんで、昨日の午後は今シーズン初の三保へ行ったじゃんね~。

15時に灯台下へ着くとすでにR方向にかけて20人以上のアングラーが並んどるぞん。

とりあえず空いている灯台真下へ入る。

海はやけに濁っているし、やや風も強くコンディションもイマイチ。

左手が痛くてフルキャストできんもんで、60グラムのジグを結ぶ。

7割方の力でキャストして、狙える範囲をくまなくチェック。

しかしながら反応なし。

周りを見ても釣れている様子は無し。

1時間ほどキャストするが、手が痛くなってきたし、風が強くて寒くなってきて早々に撤収。

その後、夕方に鯖が回ったようだし、もう少し粘ればよかったぞん。

Kimg0148

Kimg0149_2

2013年8月31日 (土)

8月29日、伊豆ロック

こんばんは。

ご無沙汰じゃんね~。

夏休みもとれず、なかなか釣りも行けんかったが、木曜日はようやく休みがとれたもんで、伊豆へ行ったじゃんね。

道中天城越えではそこら中、鹿だらけ。奴らも平日は車の交通量が少ないとわかってるのか?普段、警戒心が高く、なかなか見かけない立派な角を持った雄鹿もたくさんおるぞん。

そんなこんなで、まず一箇所目。膝が痛いもんで、アクセスが楽な磯へ入る。予想外に波は低い。

夜明け前、パタパタっとカマスが釣れる。

「こいつ等を食う本命もいるだろ」ってことで、期待を持って投げる。が、反応なし。

7時まで粘るが、ノーバイト。

普段なら、ここで諦めて帰るとこだが、今日は時間もあるし、もう一箇所行くことにするぞん。

どこへ行こうかと迷ったが、1年ぶりにハードな道のりの磯へ行くことにする。

車を停めて、そこからトレランのごとく山道へ。トレーニングにはもってこいだぞん。

40分かけて磯へ到着すると、だれもおらん。まぁ、このくそ暑い中、この距離歩いて来るバカもそうはおらんだらーに。

早速、キャスト開始。

しばらくすると、スズメバチが寄ってきて、体の周りを数センチの至近距離でブンブン飛び回る。

じっとしてれば何もせんとわかっとるが、おそがいぞん。

隙をみて、立ち位置を変えるが、またすぐに寄ってくる。

そんな状況で、落ち着いて釣りができんもんで、早々に撤収。ドリンクを切らし死にそうになりながらながら、ハードな道のりを戻る。

帰りは温泉に浸かって帰ってきた。

釣れなかったが、久しぶりの釣りを満喫出来たぞん。

Kimg0894

Kimg0899

2013年7月28日 (日)

27日、伊豆ロックへ

こんばんは。

ブログはご無沙汰しておったが、土曜日は今年3回目の伊豆ロックへ出撃したじゃんね~。

金曜日の11時に出発。天城に差し掛かると、山の向こうで雷が光ってとる。案の定、天城越えをすると雨が降り出し、下田に入るとどえらい雷雨に見舞われたぞん。

1時半にポイントへ着くも、しばらく待機。30分もすると雷雨も納まった。遠くではまだ雷が光っとるが、上空は星も見えるし「これなら落雷の危険はないら」と判断し、準備を整え磯へ降りる。

ポイントへ着くと先行者もおらんし、とりあえずヒラチェックのためR50を結んで一投目。磯際へキャストしてリトリーブ開始。

すぐさまヒット。ロッドのパワーで一気にぶち抜くと40センチチョイのヒラセイゴ。

Kimg0811

その後、移動しながらキャストを繰り返すし、とあるポイントで引き波の中でルアーを泳がせていると「ゴンッ」とバイト。しかしながら、フッキングせず。

そうこうしているうちに、周りも徐々に明るくなってきたもんで、青物狙いにチェンジ。

カマスのバイトが頻繁にあるが、本命の反応は無い。

しばらくすると、磯周りで激しいボイルが発生。やけに魚体が丸っこいぞん。本ガツオか?メジか?

ポッパーを投げるが反応なし。しばらくすると、どこかへ移動してしまった。

その後、全く反応なく、「今日はダメだら~か」とあきらめかけた6時半。ボイル発生。今度こそワラサのボイルだぞん。

すぐさまポッパーをキャスト。

ルアーの後ろで水しぶきを上げてチェイス。しかし、食い切れず。次のキャストでも同じくチェイス。若干、リトリーブを緩めてやるとヒット。

追い合わせを入れて、一気に寄せる。

すんなりキャッチしたのは62センチのワラサ。

その後、すぐにヒットするも合わせが甘くバラシ。

帰り際に、65センチを追加して7時半になりタイムアップ。

サイズはイマイチだったが、今シーズン初青物をゲットできたし、TWでヒットしてどえらい楽しかったぞん。

いよいよ伊豆も青物シーズン開幕だのん。昨年は仕事の関係でほとんど釣りできなかったが、今年は 出撃しまいかのん。

PS

スマホが壊れてワラサの現場での画像はないが、今日の酒のつまみとして、カレー味竜田揚げになったぞん。

Kimg0819_4

 

より以前の記事一覧