ヒラメ・コチ

2014年7月 7日 (月)

7月6日、ポイント偵察

こんにちは。

手の骨折が治りかけてきたと思ったら、今度は足の小指をケガしちゃったじゃんね~。
というわけで、痛くて歩くのにも支障があるぞん。
昨日は夕方からちょっと時間ができたが、そんな状態だもんで釣りもままならない。
というわけで、原付に乗って普段行かないポイントの下見に出かけた。
もちろん、一応ロッドは持っていくぞん(笑)
海が荒れると狙い方によっては、ヒラスズキがコンスタントに釣れるというポイント。
カニやフナ虫があちこちにいて、普段ヒラメを釣っている近所のサーフよりよりも明らかに生命感があるぞん。
今日は海は穏やかだもんで、ヒラは狙えんだろうが、ヒラメやコチならおるんじゃないか?
ということで、一応キャストしてみるかのん。
とりあえず、ミノーをキャスト。
沈みテトラ周りを探る。5投程するが反応なし。
少し歩いて次のポイントへ。
2投目。ここぞという所へピンポイントでキャスト。
リトリーブ開始直後にヒット。
トルクフルな引き。ヒラメやマゴチではないようだぞん。
サイズ的には大したことなさそうなので、一気に寄せる。
正体は・・・
Kimg0167
40センチのクロダイだったぞん。
その後、反応もなく、足が痛んで移動もままならないもんで、そのまま撤収した。
しばらくはこの辺りのポイントをもう少し調査してみまいかのん。

2014年6月25日 (水)

6月25日、夕方の散歩

こんばんは。

今日は定時に仕事を終えたもんで、ロッドを持って散歩へ行ったじゃんね~。

ここんとこ、海が荒れては落ち着き始めると、また荒れて底荒れしてしまう状態が続いていたが、ここのところ静かで落ち着いているようだぞん。

若干濁っているが風、波とも無い。コンディションは悪くないのん。

若干骨折した左手小指付根はテーピングで固定。

キャストの際、左手でロッドエンドを引く時に若干痛みが出るが何とか釣りはできるぞん。

まずはフローティングミノーで手前の駆け上がりをチェックしながらランガン。

しかし反応なし。

レンジを下げるためにゴムにチェンジ。

斜めにキャストし、手前のブレイクをなるべく長くリトリーブする。

数投後、リフト&フォールのリフトでヒット。

ヒット直後はバタバタ暴れたが、その後は抵抗も無くすんなり揚がってきたもんでソゲかと思いきやまずまずのサイズ。

タイミングを見計らってズリ上げる。

60ジャスト。ちょっと痩せてて身も薄いのん。

Kimg0135

その後、しばらくキャストするが、手も痛むし一枚釣って満足したもんで帰宅。

手が不自由で捌くのも面倒だもんで、冷蔵庫に突っ込んであるが、誰か欲しい人はおらんかのん。

Kimg0139

2014年6月 4日 (水)

火曜日、夕方のサーフ

こんにちは。

昨日夕方は早く仕事が終わったもんで、ロッドを持って近所のサーフへ散歩へ行ったじゃんね~。
日曜日に今シーズン初めてフラット系を狙ったが、濁りが強く不発。
今日はどうだら~か?
まだ少し濁っとるが、気になるほどでもないのん。
とりあえず実績のあるピンクのパワーシャッドを結んでキャスト開始。
テンポよく広範囲を探るが反応なし。
テトラ帯を数投ずつキャストして移動していく。
30分もすると暗くなってきてタイムアップ。
結局、ノーバイトの完全ボウズだった。
今後はベイト次第なのかのん。
Kimg0084

2013年12月 8日 (日)

日曜日、午後の散歩

こんばんは。

今日は午後から近所へ散歩フィッシングへ行ったじゃんね~。

昨日の午後も出かけたが、波が高くコンディション悪く、ワンバイトのみで撤収したが、今日は曇りで風波も無く、フラット日和だぞん。

2時過ぎからキャスト開始。

潮目も近いし、濁りもとれているもんで、魚は近いと判断。斜めにキャストしてテトラ前のブレイクラインをチェックしていく。

10投ほどしただらーか。リフトしたワームに「ガツン」とヒット。「ゴン、ゴン」と首を振って、なかなかの重量感。

今日はPE1号だし、テトラに近いところでヒットしたもんで慎重に寄せる。

無事にネットインしたのはコイツ。

Dscf2135

マゴチ56センチ

その後、移動しつつキャストして行くも反応なし。

ラインに傷が入っていたのか、キャスト切れをおこし、反応の良いホワイト系ワームの予備も持っておらんもんで、

「まあ1本釣ったし、帰らまいか」と時計を見るとまだ3時。

一旦家に帰ってワームを持ってくることにするぞん。

ウエダーのまま家に上がる訳にもいかず、脱いだり、また履いたりリーダー結び直したりで、再び現場に着いたのが3時半過ぎ。

その後は、テトラ上を移動しつつキャスト。ニベがヒットしたもののバラシ。

辺りもかなり暗くなってたもんで、最後のチャンスとばかりに、ヘビーシンキングミノーで手返し良く探っていくもノーヒット。

ん~、やっぱりヒラメ釣りは難しいのん。

2013年12月 2日 (月)

日曜日、午後のサーフ

こんばんは。

昨日の午後は近所のサーフへ行ったじゃんねぇ~。

2時半にキャスト開始。風はなく穏やかだが、やや波が高く、時折、波を被るぞん。しかも、波の影響でやや濁り気味だのん。

しばらく反応がなかったが、30分ほどするとようやく反応あり。

リフト後のフォールで「コツッ」とバイト。すかさず合わせる。

なかなかの重量感。ラインも出される。

が、次の瞬間、ふっと軽くなる。

「ちっ、ばれたか」とラインを回収すると、ノット部分でリーダーが切れとるじゃん。

今日に限って、いつも5号のリーダーを2.5号にした上、手抜きでキングノットにしたからな~。しかも締め込み時に、舐めて湿らせなかったもんな~。

バラシたのは完全に自分のせい。自業自得だぞん。

その後、全く反応がなくなったが、4時過ぎようやく反応あり。

足元でヒット。ヒットと同時に横に走る。

たいしたサイズじゃないもんでごぼう抜き。シーバス?と思いきや30センチちょいのニベ。

Dscf2131_3

フックを外してリリース。

次のキャストで再びヒット。これまたニベ。

Dscf2133_3

ニベを本格的に狙っても面白いかもしれんのん。

その後、すぎやまさんが参戦し、一緒に5時までキャストするが反応なし。

稀少な日本酒「空」のつまみにヒラメの刺身を、と思ったがそうは甘くはないのん。

明日朝は久しぶりに平日早朝釣行の予定だが、釣れるといいのん。

2013年11月24日 (日)

日曜日、午後の散歩

こんばんは。

今日も午後は近所のサーフへ散歩へ行ったじゃんね~。

今日は忘年会があるもんで、4時過ぎには切り上げんといかんもんで、2時半にサーフへ。

先行者がいたが、足元の袋にはすでに良型のヒラメとマゴチが入っとるぞん。

とりあえず、ゴムを結んでキャスト開始。

波風なく釣りやすい。潮は右から左へかなり早い。

しばらくして、リフト&フォールのリフトで「ガツ、ガツッ」と明確なバイト。すかさず合わせる。

この引きはデカくはないがヒラメだのん。

一気にゴリ巻きして寄せると、水面を滑ってきたのは40センチ程のソゲ。

Dscf2126

さい先良いと思いきや、その後は渋い。

フォール中、ロッドがひったくられるようなバイトがあったがのらず。

結局、最初の一匹のみでタイムアップ。

しかし、まだしばらくは楽しめそうだのん。

土曜日、午後の散歩~サーフ復調~

おはようございます。

昨日は今シーズン最後の伊豆へと思いつつ、寝過ごしてしまったじゃんね~。

仕方なく、昼までゆっくりして、その後、膝の調子をみる為に、海岸へランニングへ。

すると、真昼間にもかかわらず、あちこちで青物ナブラが出てるじゃん。ソウダのナブラだろうが、ベイトは寄っていると言う証拠。

「ランニングしている場合じゃないぞん」ってことで、家へ戻りロッドを手に出撃。

2時半頃、キャスト開始。

しばらくしてバイト。フッキングも決まる。「こりゃ、首を振っているしマゴチだのん。」

たいしたサイズでもないもんで、テトラ上からごぼう抜き。46センチ。

Dscf2116

次のキャストでもバイトがあるが残念ながらのせられず。

その付近を攻め続けると、しばらくして再びバイト。引きからしてヒラメ。まずまずのサイズっぽい。

しかし、途中でフックアウト。

俺が釣っているにもかかわらず、同じテトラにアングラーが乗ってきたもんで、仕方なく別のテトラへ移動。

こちらでもすぐに反応が。

小さいマゴチと35センチ程のソゲをキャッチ。

Kimg1214

Kimg1216

「デカイの連れて来ておくれん」と丁重にお帰りいただいた。

その後、移動しながらキャストしていくと、何かがヒット。横に走るから青物かと思いきやコノシロのスレ掛り。

群れが回ってきたらしく、しばらくはどこへ投げてもルアーがゴツゴツとコノシロに当りまくり。

コノシロがいれば、今後はシーバスやワラサなんかも期待できそうだのん。

そんなこんなでボチボチ帰らまいかと思っていた頃にヒット。

結構引くぞん。まずまずのサイズだらーか。しかし、所詮ヒラメ。強引に寄せて無事ネットイン。55センチ。

Dscf2124

その後もバイトがあるが、ヒットには至らず。

濁りもとれてきて、サーフも復調気味。今日の午後も出撃しまいかのん。

2013年11月17日 (日)

土曜午後、日曜朝の散歩フィッシング

こんばんは。

昨日、午後と今朝は近所のサーフへ散歩へ行ったじゃんね~。

昨日午後は、今は無きブログ「外道の館」館長のすぎやまさんと出撃。

しかしながら、波風がありコンディション悪く、すぎやまさんが海へびをキャッチ。俺は30センチほどのサゴシをバラシたのみでボウズを食らってしまった。

今朝は、波風もおさまったが、濁りはとれておらん。

アングラーの数も多く、一箇所で粘らざるを得んぞん。

しばらくミノーやワームで探るもノーヒット。

今日はサゴシ~サワラサイズの群れが入り、至近距離でボイルを繰り返す。

こいつらを狙いに来たわけじゃないが、ついついメタルジグに手が伸びる。メタルジグに変えて1投目からヒット。

まずまずの引き。しかし、途中でフックアウト。

その後、10投位するがノーヒット。

「いかん、いかん。本命狙わまいか」とワームに変える。

すると、フォール中にバイト。すかさず合わせるとフッと軽くなる。

「やられた」

サゴシにリーダーを噛み切られたぞん。

リーダー結び直すのも面倒だもんで、ここで終了。

周りではソゲサイズが2枚揚がったのを見かけたぞん。

2013年11月16日 (土)

今朝の散歩フィッシング

おはようございます。

昨日夜は近所の海岸へ散歩に行ったじゃんね~。

すると、大量の鰯が打ち上がっとる。これはチャンスとばかりに今朝は出撃したぞん。

5時45分頃サーフ着。すでに各ポイントにはアングラーの姿が。

空いていたテトラの切れ目にエントリー。低いうねりが入り、濁っていたもんでポイントは遠いと判断。とりあえずヘビーシンキングミノーをキャスト。

数投後、着底してリトリーブ開始すると、リールが巻けない。

「くそー、根掛かりしやがった」とロッドをあおったり緩めたりしていると、ラインが動く。

「魚じゃん!デカイ!!」

時折走る程度であまり引かないが、とにかく重い。青物だらーか?座布団ヒラメか?

同じタックルでワラサも釣ったことあるが、そんなものの比じゃないぞん。

慎重に時間を掛けて寄せてくる。残り15メートルくらいのところで、底に張り付いて全く動かんくなった。ここで、青物ではなくヒラメと断定。

そのまま数分間膠着状態が続くが、いつまでもそんなことはやっておれんと勝負に出る。

底から剥がそうと、強引に寄せる。

すると、剥がすことには成功したが、奴は抵抗して一気にラインを出して横に走る。

「やばい。そっちはテトラじゃん。止まれ~。」

スプールを押さえてラインを止めたが時すでに遅し。テトラに触れてメインラインがブレイク。

「くっそー、完敗だぞん」

リーダーを結びなおそうにも、悔しさと興奮で手が震えてなかなかうまく結べん。

その後、気を取り直して7時まで投げるがノーヒット。

ベイトはたくさん確認できたし、午後はリベンジに行くかのん。

Dscf2112

2013年11月10日 (日)

土曜日、午後のサーフ

こんばんは。

昨日の朝は三保へ、と思っとったが起きたら7時じゃんね~。仕方なく釣りは諦めてちょっとだけ仕事へ。

午後は近所のサーフへ散歩へ。

3時頃出かけたが、風もなく、やや波がある程度だが、かなり濁っていてコンディションは悪いぞん。はっきりいってフラット系の期待は持てんのん。

Kimg1100

折角来たもんで、とりあえずワームを投げる。

辺りでは、時折小型のサワラがボイルしとる。

しばらくすると、フォール中にバイト。しかし、のらず。回収したワームを見ると、くっきりとした歯型がついとる。

ヒラメではなくサワラだら~か?

その後、再びバイトがあるが、これまたのらず。

本格的にサワラを狙わまいか、とジグを結ぶが反応なし。

そうこうしているうちに、干潮で潮が低い上、波が高くなったもんで、早めに撤収。

早くコンディションが回復せんかのん。

無数の歯型がついておった。

Kimg1104

より以前の記事一覧